日本工業を支える金型

日本の工業に欠かせない金型

工業において品質を決める金型

工業において品質を決めることになるのが金型です。金型は加工が難しいので、なかなか精度の良いモノ作りには向かなかったのですが、これを日本人が可能としたことで、日本は大きく経済成長をすることが出来たといえます。今では世界に関たる工業国として押しも押されぬ国となったわけですが、その裏にはこうしたモノ作りの出来る技術者が育ったということがありました。ですが、今はそうした技術者が高齢化しており、その後継者不足が深刻となっていて、こうした問題をいかに解決していくのかが問われるようにもなってきている状態です。

世界に冠たる日本の金型技術

世界に関たるものが日本の金型技術です。これが日本の高度経済成長期を支えて今の日本を作ったといってもいいでしょう。何しろ日本の工業においては金型というのは欠かせないものです。大量生産を可能にしながらも超精密な精度でモノ作りが出来るのは、この技術が卓越していたからです。日本の工業では大量生産が出来ながらも品質は格段に良いというのが世界で認められて、ここまでの成長を果たしてきたわけですが、これを可能にしたのがこの技術でした。そして、今はこの技術の継承者が必要となる時期にもきていて、若い世代でこうした技術を継承する人が求められています。

↑PAGE TOP