判別させる為の刻印

判別させる為の刻印には

自動車のナンバーのような刻印

刻印は簡単に言うと誰のものかを判別させる為のマーキングです。良く見かけるのが自動車のナンバーが挙げられます。 しかし使用するとなると状況等によって様々な認識があります。物としては金属や皮等に文字や数字と言った印を付ける為の工具です。工具はプロが使っていたりアマチュア向けに販売しています。 販売以外としての用途となると仕事としてであれば名詞や手帳等の小道具にプロの手によって刻印したものを使用すると言うものが一般的です。

↑PAGE TOP