工業と金型の関係

工業を支える高精度な金型

工業を支える金型は精度が命

工業を支える金型は精度が命ともいうべきものです。金型は大量生産を可能とする半面で、とても加工が難しいもので、特に精度のあるモノ作りになかなか向かないものでした。ですが、この難しい技術を日本人が可能としたことで、日本は大きく成長することが出来たのです。日本の工業製品は大量生産でありながらも、高品質のものが出来るということで世界を席巻することになりました。これを支えたのが技術者ということになるでしょう。日本が世界に関たる産業立国となりえたのもこうした技術者の働きによるところが大きいといえるでしょう。

工業に於ける金型の重要性

金型は製品を作ることが中心の日本の工業に於いては重要な役割を果たしています。同じ製品を同じ品質で大量に生産できることが魅力の日本の企業では、その製品の品質を高めるために出来るだけ詳細な部分まで同じに作ることが大きな課題でした。そのため、予め型を作りこれに材料を流しこむことで正確に同じものを製造することが出来る技術を開発したのです。この金型の技術を使用して、人間が一つ一つ加工して物を作るのに比べより早くより正確に製品が生産できるようになり、大量生産への道を切り開いていったのです。その意味では日本の工業においては非常に重要な物なのです、

↑PAGE TOP